We are living healthily,happily and peacefully.

アイアンガーヨガは、世界基準の認定試験を通過した認定指導員だけが指導できます。
認定指導員となってからも、常にレベルの保持と向上の為さらに
研鑽(けんさん)することが義務付けられています。
認定指導員でなければアイアンガーヨガの名を使用することもできません。

2019年 4月 クラス スケジュール

2019年 4月  クラス スケジュール
※上記は通常スケジュールです。変更や休講の場合はブログ本文にて随時お知らせします。

2019/04/20

スワスタNewTeacher紹介

ヨガスタジオ スワスタに新しい先生が誕生します。

昨年1月にスタートしたスワスタ勉強会で、しっかりとアサナの練習と
指導の勉強を続けて、第一号の先生です。

5月11日(土)正式にデビューいたします。
Svastha Light Class(スワスタライトクラス)を担当します。

以下、Miyu先生のプロフィールとクラスの説明です。


豊嶋美幸(Miyu)


 「ヨガを始めて10年になります。
それまでほとんどスポーツや体を動かしたことがなかったのですが、アイアンガーヨガに出会い、基本に忠実で丁寧にアサナを行うことで自分自身を観察することができる、体を動かすことの楽しさを覚えました。大袈裟かもしれませんが、アイアンガーヨガによって、人生がキラキラと輝き始めました。今まで学んだこと、そしてこれから学ぶことをみなさんにお伝えしたいと思います。」



Svastha Light Class(スワスタライトクラス)
土曜日11:30~12:30(月2回)←スケジュール要CHECK


「基本のアサナの形、動きや方向性をひとつずつ丁寧に行い、基礎をしっかりと身につけていくクラスです。ヨガが初めての方、ヨガに興味があるけど体が硬いからと諦めている方、今、自分ができることから始めて、少しずつ変化していく自分を感じてください。」




新しい年号になり、スワスタにも新しい風が流れます。
みなさんも、新しい気持ちで、またヨガの練習に向かってください。

5月3日(金)10:00~11:00 スワスタライトクラス(Miyu先生)
5月4日(土)11:30~12:30      〃

上記のクラス、無料体験できます。
ヨガが初めての方、スワスタヨガを体験したい方は中西までご予約、よろしくお願いいたします。







2019/04/09

2019.4月&5月のスケジュール~重要~

スワスタの4月、5月のレッスンスケジュールのお知らせです。

・4月30日(火)、5月1日(水)、5月2日(木)→ すべてのクラスお休みします。

・5月3日(金)10:00~11:00 SvasthaLightClass(NEWクラス)担当Miyu先生
      11:30~12:30 アイアンガーヨガ初級クラス 担当中西

・5月4日(土)10:00~11:00 アイアンガーヨガ初級クラス 担当中西
      11:30~12:30 SvasthaLightClass 担当Miyu先生

注意・・・5月3日(金)玉藻公園、お城ヨガ 6:30~7:20 レッスンあります。
     5月3日(金)、5月4日(土)は通常のレッスンスケジュールを変更し、上記の
     レッスンを行います。

・5月22日(水)~25日(土)研修のため、すべてのクラスお休みします。

★NEWクラスの説明

Svastha light class(スワスタライトクラス)土曜日11:30~12:30(月2回)

約1年、指導の勉強をして、この度、豊嶋美幸さん(Miyu先生)がクラスを担当することとなりました。初心者向けのクラスです。基本的なアサナ(ポーズ)を覚える、基本的な体の動きを身につけるクラスです。新鮮な雰囲気のクラスを楽しんでください。






2019/03/25

お城ヨガ2019


2019年4月5日(金)より、今年も始まります!
朝活、お城ヨガ。
毎週金曜日、朝6:30~7:20。
玉藻公園、桜馬場にて。
雨天中止。





今年は、どんな桜が迎えてくれるか。
まだ朝は冷えるので、暖かい服装でお越しください。
ヨガマットのない方は、ゴザを用意してくれています。


ご質問等は中西までご連絡ください。
予約は必要ありません。
では、今年も4月~9月まで、毎週金曜日は、ヨガですっきりリセットしましょう。
ヨガ経験のない方もどしどしご参加ください。
お待ちしております。


2019/03/19

ヨガとは・・・・?

「ヨガとは何か?」と聞かれたら

「つながること」=「体と心と呼吸をつなげる」
         「大いなる宇宙と小さな宇宙(自分)をつなげる」
        
「からだを伸ばすこと、柔軟にすること」
「リラックスすること、からだや頭の緊張をとること」
「マイペースで行うこと、人と競いあわないこと」
「呼吸を深めること」などなど

ヨガをやったことのない人もこういったイメージがあるかと思います。

私にとってのヨガは「ヨガという一つの道を歩むこと。」

ヨガ道です。



日本の素晴らしい伝統、茶道、華道と同じ。
経験はありませんが、そうお答えします。

ですがそう言うと、敷居が上がるので、控えています。

未経験の方には「からだの硬い方にもよい体操」「全身運動」とお伝えします。
それもヨガの一面ですから。

生徒さんに先日、本をお借りしました。

「好日日記」です。「日日是好日」の続編です。

「これを読むとヨガと同じだと思いました。」という生徒さんの言葉に反応し、
早速読んでみると、随所随所にうなずきました。

『習っているのは、技術ではなく、道を進むことだ。』

『できるならしなくてよろしい。できないから稽古するの。』

『年を重ねた大人が、できない自分を晒して生きられる場所があるのは幸せなことだ。』

『無言なのに「心の声」が聞こえる気がした』

『道具は一度置いたらチョコチョコと直さない。目測で場所をここと定めて一回で決める。それを「目を養う」というのよ。』

『今の私はもう、あの頃のように、ぐんぐんと目に見える成長はしていない。だが、見えないところで今も、内へ内へと熟しているのだ。』

たくさん響く言葉、文章がありました。

こんなヨガの一面も、知っていただけたらと思います。




2019/03/05

スワスタ勉強会

スワスタでは、レギュラークラス(スタート、初級、中級クラス)、予約制の個人レッスンとグループレッスンのほかに、スワスタ勉強会というクラスがあります。

スタートしたのは2018年、去年の1月から。

このクラスに参加するには、はじめにいろいろ条件をつけていました。
アイアンガーヨガ歴何年以上、週に最低1回以上定期的にクラスに参加している、
深くヨガを学びたい、将来的に指導者になりたいなどなど。

ですが、少し軌道修正しています。

今はアイアンガーヨガ1年生の方もいます。7、8年生もいます。
先生を目指している方、自分のからだをもっと知って、変えていこうとしている方。

目的は様々ですが、根底は同じ。
しっかり自分に向き合い、ヨガが好きで、心から学びたいという思いを持ち、実践しているということ。


毎月第1日曜日10:00~15:00
少しのお昼休憩をはさみますが、日常の生活から離れて、ヨガ、自分に集中します。


毎月、宿題もあります。レポートを書いたり、ポーズの練習をしてきたり。
忙しい時間をどうコントロールして、その課題をこなすか。
提出することだけが大事なのではなく、どう自分の学びにするか。


ポーズができなくても、なんら生活に支障をきたすことはない。
なのに、どうしてうまくできなかったら落ち込むのか、涙がこぼれるのか。


先生が言ってることは頭でわかる。でも、体が動かないだけ。
立派な成人として、親として、社会での立場、プライドみたいなものを否定されたように
思うこともある。でもヨガにはプライドは必要ない。


今、勉強会に参加している8名の生徒さんは、いろんな思いを噛みしめながら、辞めることも自由なのに、続けています。一人が落ち込んだら、手を差し伸べて。仲間がいることで
勇気が出ることもある。


スワスタでは多くの笑顔と笑い声と、真剣な表情と静けさ、できないことへの口惜しさと、できたことへの喜びに溢れています。それはどのクラスも同じです。


スワスタ勉強会は、「できる人が集まっているクラス」ではないです。
むしろその反対かもしれません。ヨガはできる(can)、ではなく、行う(do)です。
興味がある方は参加されている生徒さんに聞いてみてくださいね。体験も可能です。その際は中西までご相談ください。


ヨガとは?と聞かれたら、私はよくこう言います。「ヨガは実践し、続けること。」
その集大成がこのスワスタ勉強会のクラスです。


2019/02/20

グループレッスン(個別予約制)

スワスタではレギュラークラス(スタート、初級、中級)のほかに
完全予約制の個人レッスンと、2名もしくは3名でのグループレッスンを行っています。

通常のクラスに参加するには時間帯が合わない、自分のペースで練習したい、
目的があって特別に指導を受けたいなどなど、理由はそれぞれですが、徐々に根ずいています。

パートナーの退職を機に、月2回レッスンを受けられているご夫婦。
友達同士3人で、その時の体調に合わせ、コンスタントに練習している女子グループ。

今日は10日に1回のペースで、そろそろ2年生になるお二人のレッスン風景をご覧いただきます。


まず、一日の疲れをとるスプタウィーラアサナ。
アイアンガーヨガの特徴のひとつは「道具を使用すること」
そうすることで、ポーズの理解を深めたり、からだを傷めることなくその効果を得る、
など、たくさんの恩恵を受けることができます。
最初はこの道具の使い方を覚えるのが大変。しかし、その理論が分かれば、自分にあった使い方がわかってきます。お二人もそろそろ理解してきました!


ロープを使用してアドムカシュワーナアサナ。
全身をしっかり伸ばします。
そして腕、体幹、脚のつながりを感じて、体のゆがみなどを調整します。
ロープが何を教えてくれているか、そこを理解して、ロープを使わないでも同じような形をとり、そして伸びを感じる。


今日は軽いバックベンズです。
胸を開きます。
段階を得て、徐々に。


腕も強くなります。
お腹の力が抜けないよう、腰を守って前へ、上へ。


上のポーズを180度ひっくり返すと、椅子を使ったサーランバ・サルワーンガアサナです。

今日がこのポーズ、初挑戦です。
お二人のいいところは、どんなポーズも挑戦しよう!という意欲があるところ!!
これは大事なことです。


 YUZUさん&NARIちゃん。
「あたまが軽くなった」とのこと。
ナチュラルなお二人は、感想もそのまんま。
私はレッスンしながらの会話をとても楽しんでいます。
そして勉強させていただいています。
初めてのレッスンから、長いお付き合いになりそうと、そう予感しました。


時々、3人の口から出る言葉。
「継続は力なり」

今年はサーランバシルシアサナ(3点倒立)を好きになること、これを目標に
頑張っています。

個別予約制のグループレッスン。
慌てず、自分たちのペースで、こつこつ進めるレッスンです。

うまく仲間が見つかったら、ぜひTRYしてみてください。
YUZUさん、NARIちゃん、このままのペースで、3年生に向かっていきましょう。
今日もありがとうございました。


2019/02/06

ヨガスタジオスワスタ内は!

ヨガスタジオという前置きがついているので
初めての方は、ずら~~~っとマットが並ぶ、ひろ~いスペース、
ゆったりとした更衣室、パウダールームなど想像されるかもしれません。

が!こちらスワスタは、玄関のドアを開けるとすぐ練習場。
マットは10枚ちょっとでいっぱいいっぱい。


アイアンガーヨガの特徴である道具は大きいものから小さいものまで揃えています。


クローゼットの中に小さい道具はお行儀よく。


ロープは4列のみ。
以前のスタジオの半分になりました。
でも、これでいいんです。足りています。


2015年6月に高松市今新町から錦町に引っ越しました。
数年、自分の足で、理想のお城を探してきました。
この部屋に出会ったとき、やっと出会ったという気持ちでいっぱいになりました。
今でも「あ~~~ここ好きだな~~」って心から思います。


私はスタジオという名前を使うほうが、多くの方にはわかりやすいのでそうしましたが、
本当は「研究所」のような、「秘密基地」のようなものを作りたくって、でもそれをうまく表現する言葉が思いつかず、スタジオという言葉を借りています。

古いビルの中にこんな空間があるなんて、面白いって感じてほしいと思っています。

ヨガ教室を始めて14年目になります。生徒さんも同じだけ歴史を重ねています。
スワスタは5年目に突入します。まだまだ子供です。だから、たくさん遊んで、学んでいきます。

アイアンガーヨガに興味のある方は、ちょっと好奇心をかき立てて、体験しにいらしてくださいね。お待ちしています。